<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
CATEGORIES





ARCHIVES
<< アニメ・14話「リュテッヒの動乱」−突発感想 | main | アジュマーン藩王vsテリーザ(前)公爵夫人 >>
アニメ・15話「一粒の麦のごとく」−突発感想[直感(突発)感想文]
毎度、視聴一周目の突発感想。アニメ・オリジナル要素が俄然濃さを増してきた風味。そして、今回を個人的に一言にまとめると「ベタでかつ繋ぎ回なはずなのに、良くも悪くもびっくり箱モドキ」



とりあえず……

生きてたんか!?ベルティエ大佐!!」(※元エウリヤ軍参謀長・准将、ヒューリック登用者。現イドリス・タイタニア陣営幕僚立候補中)。
……いやね、戦艦オーロラ撃沈の時に間違いなく、お亡くなりだと思っていましたよ、それなりに格好良く。ヒューリック、パジェス、ワレンコフに存在も認知されないまま、というのに運命の非情さを感じましたよ。

まさか、軽い骨折だけで復活してくるなんて思わなかったですさ!(格好良く散ったと見せかけて脱出ポッドに乗り込んで護衛艦艇に拾われました、ってまぁ、筋は無理矢理になら通らなくもないが…………こうも生きることに意地汚い悪役は…………大好きです。)

でもって、再登場したからにはやはり旧エウリヤ軍アリアバート艦隊撃破陣営と因縁話が……? と思ったら、この回の終了時点で、今後出番は無いよ、とナレーションに宣言されとる………イドリス旗下で「失敗した後、生かさず、殺さず、以降完全消息不明」って──────下手にヒューリック組にシバキ倒されるよりも可哀想というか酷いことになる気がするんですが…………そして、おそらく作中で旧エウリア軍ヒューリック組に認識される可能性がゼロに限りなく近く…………エウリアで苦労してるんだろう、と勝手に思われてるんだろう、ずっと。今度は、エウリアに居た方がマシだったくらいの、もっと酷い苦労しそうですが。

イドリス閣下、笑い方といい、口調といい、やり口といい、扱いといい、ある意味、このアニメの中では最強にはっきりとした、自主的悪役街道まっしぐら……(原作では、どっちかというと状況柄、悪役やらざるを得なくなっちゃってる、って感じなんですがね、この人。)……やはりラスボスはイドリスか?────と思ってると、また何かどんでん返しを食らいそうな気がする。


ヒューリック、再び何かを決意。短距離走タイプは原作のままらしい。リラは死んだことでやっぱり永遠のヒロイン、なんだろうなぁ。嫁候補出現……って……ジュスランとフランシアの年齢差よりも無理がありすぎるわ!……カレンちゃんはそういうお年頃なのでしょう……。

麦の種の演出は好きだなぁ。下手くそな踊りとか。

かなり自分勝手にふらふらしている正直爺さん号御一同は、ヒューリックに対してものすごく親切だと思う……希望だから、か? 単に、話がすすまんからか? ドクター・リー・ツァンチェンだけは理由は分かるんですがね……『ファン・ヒューリック生態観察記録』後年、そんなタイトルの書籍になってたらイヤだ……が、ドクターならやる気もする……。


まさかのベルティエ再登場にすっかり吹っ飛んだ感じもあるバルアミーですが……慰め役はリディア姫。同人カップリング・パロ流に言うならバルアミー×リディア(逆かもしれん)としては嬉しいのが半分。そのままこっちに嫁いでしまえ(……妄想自重……)。

でも、役にたっとらんぞ、副官を慰めるフリして精神的にトドメ刺した張本人ジュスラン。っていうか、一緒に凹んでどーする……。まぁ、どっちへも開き直れないのが、もとからジュスランというキャラクターなんですが。

リディアの作中の状況ポジションがそれとなく明言。同じ押しかけ人質でも、むしろアニメ版のほうが国が豊かな故に、帰れない率は高い模様………アニメ版リディアはジュスラン&バルアミーのカウンセラー(違)役の他に、ほっとくと黙り込んでいそうなオニーサン陣営のセリフ引き出し役も兼ねているので、時々、キャラを掴み損ねます。────とりあえず、リディアの「父上」は娘にいろんな格言を吹き込んでいるらしい。本質は文学者じゃぁあるまいな……。


バルアミーの「迷いが無くなった」ってぇ方向性がどっちに向いたのかで、アニメ版バルアミーはまだまだ不確定要素が強そうで、ちょっと恐い。姫様の良いお兄さんでも、さらに野心家志望増強でも、どっちでも楽しそうだから私としてはいーんですが(……が、アニメで後者をやると、欠片の収拾もつかなくなりそうな……本筋にはあんまり関係なさそうな……)

さしあたり、お父上の葬儀でバルアミーが四公爵(って言っても、イドリスは惑星リュテッヒ地上(五家族会議はあの立体映像でばっかだなぁ、最近)、ザーリッシュはお出かけ中なので、残るアリアバート、ジュスランだけですが)より前に立っているのは、喪主だからです、たぶん。嫡子・公式長男・跡取り・別に確執無し、と最後の最期以外はかなり真っ直ぐなご家庭な感じなので。(ところで、エストラードの妻、っていうか、バルアミーの母親は? やっぱり、原作と同じく影以外は形なしか……)


ジュスラン、ぽそっと何か言ってました。少なくとも彼の脳内ではJA連合はできつつあるのか?
「気取るな、バカ」は……やっぱりカットかな。聞いてみたいんだが。あの声で肺活量最大限に使えば、声だけでかなり凄そうな……


次回予告はヒューリック。…………マフディーに何か習うのか? と思わせておいて、というフェイントを次回予告で何度、覆されたか。詐欺師勝負したらマフディーとドクター、どっちが上なんだろう?
|2009.01.23 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tytania-b.role-r.com/trackback/745381
トラックバック