<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
CATEGORIES





ARCHIVES
<< サウンドトラック『交響曲タイタニア』 | main | 階級等の相互関係メモ >>
まとめてゴメンナサイ18話〜20話[直感(突発)感想文]
……です。良い悪いは不明ながら読んで下さってる方が居らっしゃるっぽいので一話づつ完走したかったんですが……諸般都合によりさしあたり18話〜20話は簡易で……理由は「続きを読む」から……
2月後半にダウンしたのと、3月期に放映がスピード・アップしたのとで、これはお話書き同様、無理を押すと余計に色々なことが進まない上に、一度失墜したノリは帰って来にくい、と判断しまして、万一にも楽しみにしてくださった方がいらしたら申し訳ございません。

18話〜20話は下記の簡略感想にて。

今後は……体調その他(HTMLやCGI設置の復習から規約の読み直しから、複数ある通院予定とか友人たちとの呑み会(酒から紅茶まで……2008年の個人的当たりはタルボ2nd(何故か和菓子に合いそう)、2007年ジュンパナ2nd、何年のか聞くの忘れた、たぶん2007か8年のジュンパナ1st.(正当派ダージリン…旦那のストライク・ゾーンがノーマルのダージリンなんで判りやすい)と、ちょこっとだけ外郭いった感じでもほわんとするサングマ1st.っぽいです。次に行き付けの紅茶屋さん行ったらまた別のかってくるかもですが。だからなんだ……)とか、)次第な感じです。

埋め合わせになるかも謎ですが、トップページ予定地に記載しました、壮大かつおバカな、ついでに、オリキャラや余所のキャラが跋扈しそうな、もしかすると完成までに10年計画になるかもしれないシロモノと、その間の習作当をぬる〜くお待ち頂ければ幸いです。(元はそのためのアニメの感想メモだった気がしないでもないです……)

他、収録予定、当時のそのサイトの管理人さんから許可とファイルがいただけましたので、大昔に某サイトで参加していた、リレー小説形式での『銀河英雄伝説』の続きの話、みたいなものが掲載できそうです……終わらないまま終わっちゃったけど、たぶん二次創作としては自分の原点に近いと思う、ということで(地味にオリキャラ風味が跋扈してるのも……)




というわけで、微妙にあやうい記憶を辿りつつ、簡易感想文。



『第18話 監獄衛星クロノス』

ファン・ヒューリック、無重力の暗闇に投げ出された、物理的に!
……って状態ですよね、あの監獄の解説聞くと。(錦織健も好きですがサイキックラバーも好きです……どっちも近所のレンタル・ショップでCDが見つからない……別々の意味でハマると大変な事になりそうですが……小椋佳で嫌ってほど学習したはずなんですが……)

ザーリッシュの前にヒューリックを連れてきたのも監獄の職員(この時点では大統領は動いていなかったのか、内通者ないしタイタニア贔屓職員がいるのか?)、引き渡しを拒否したのもエスタール政府。裏で何が蠢いているのかにゾクゾクするあたりがりゅーまのりゅーまたる所以です。

そして……変装マフディー、今度はお医者さん!? なんかもう……原作にこれといった設定がないだけに良いように使われまくってるなぁ……

不満点はただ一つ……囚人服っつーたら普通、白黒ストライプだろっ(偏見です)



第19話 「ラドモーズ事件」

製作時点で3月は一挙二話放送スケジュールは決まっていたんだろうか、という感じの、今のところは閑話休題なお話。
ヒューリック28才が明言された以外では始めて、イドリス24才、バルアミー18才、ラドモーズ17才、リディア10才が明言…………今まで本っっっ当に年齢触れてこなかったもんなぁ……

ラドモーズ……あの、いかにも「イドリス公爵の親族です」ってな軍服でナンパして、権威や金目当ての女も捕まらん、アリアバートをして反対意見をださせ、さらにジュスランを当惑させるとは……いろんな意味でやるな……間違った方向へ。

ザーリッシュ家とはまた違った感じに性格改変がある気もしますが、アニメでは始めて、イドリスが可哀想に思えましたよ……珍しく怒ったり悩んだり凹んだり…………アレを登用するくらいならベルティエ大佐使ってた方がマシだったんじゃぁ?(それじゃ話にならない、というのは横に置いておいて)

久々のフランシア。リディアにブランケットをかける場面がお気に入り。
アリアバートとジュスランのバルアミー評価。どう見ても上司というより親戚の叔父さんです……(まぁ、一応、親戚なんだけど)。解説のためとはいえ、ときどき天然ボケにさせられるアリアバート……。

ラドモーズくんは、礼儀も挨拶も出来ない子らしい……。一応、罪人扱いでない故人を息子の前で侮辱するのが良くないことだと判らないってのは相当かと……。いくらバルアミーでもキレる時だってあるさ……
ちなみに……どんな状態でもアリアバートには敬礼するバルアミーと舌打ちするラドモーズ…………どっちが標準だ!?(いや、ラドモーズが標準はヤバすぎると思いますが)

バルアミーとリディアに「小さな(by.ナレーター)」……どころではない物が生まれている気がするのは、変なフィルターのせいでしょう、きっと。っていうか、かなり前(何話だっけ……?)にバルアミーが最初にリディアの手紙を手伝うということになった話はここへの付箋だったのか……。




第20話 「クロノス強襲」

舞台は監獄衛星クロノスへ戻る。大統領、けっこうカッコイイとおもうんですが、頑張ってると思いますが武力の前には無力なようです。

旧カサビアンカ公国人ってどこまで散ってるんでしょう?
アニメ版リー・ツァンチェンはスーパー・クラッカーですか?
ザーリッシュ艦隊を「クイーン」って、キングは誰よ……って聞いたら「私だ」って言いそう……。

マフディー、何でも屋さん化進行中……まぁ、あの年(22才)で中尉だったら士官学校出は固いので宇宙船操縦や人体構造通り一遍は抑えているにしても……(てかちゃんと覚えてるんだなぁ、闇商人にギャンブラー)。
なんかこう……ヒューリックはお飾りでドクターとマフディーだけで一旗揚げられそうな気のせいですか?

いかに脱出不可能な人工要塞でも、誰も、他人の戦艦利用して要塞破壊して一人かっさらおうなんて思わんわな、普通……。
ドクター・リー・ツァンチェン……さすが悪魔の弟子……。宇宙最凶はタイタニアじゃなくてドクターなんじゃぁ……(汗

やけっぱちザーリッシュの焼き野原で哀れなエスタールの大統領。……てか、綺麗に官邸だけ残すって器用な焼き方だなぁ……


次回予告、どうやらジュスラン出撃。……横に赤い服きたバルアミーが見えるんですが、イドリスの「勢力圏に来たからには云々」は敢えなく失墜か?
|2009.03.12 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tytania-b.role-r.com/trackback/795504
トラックバック